セブンプレミアム ゼロキロカロリーサイダー 500ml 届出番号:A300 セブンプレミアム ゼロキロカロリーサイダー レモン 500ml 届出番号:A301

ZERO kcal Cider

栄養成分表示(1本500mlあたり) エネルギー 0kcal, たんぱく質 0g, 脂質 0g, 炭水化物 7.0g(糖質1.0g, 食物繊維6.0g), 食塩相当量 0.1g 機能性関与成分 難消化性デキストリン(食物繊維として)5g

1.5Lも発売中 セブンプレミアム ゼロキロカロリーサイダー 1.5L

ZERO kcal Cider

【届出表示】本品には難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれます。難消化性デキストリン(食物繊維)は、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えるとともに、糖分の吸収を抑え、食後の血糖値の上昇をおだやかにすることが報告されています。本品は、脂肪の多い食事を摂りがちな方、食後の血糖値が気になる方に適した飲料です。 本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

機能性 表示食品 難消化性デキストリンの働きとは?

1脂肪の吸収を抑える

難消化性デキストリンを摂取しないと脂肪が吸収されやすい。 難消化性デキストリンを摂取すると難消化性がデキストリンを包み込み脂肪の吸収を抑制する。

2糖の吸収をおだやかにする

難消化性デキストリンを摂取しないと糖質が素早く吸収され、食後の血糖値が急激に上昇 難消化性デキストリンを摂取すると糖質がゆっくりと吸収され、食後の血糖値がゆるやかに上昇

よくあるご質問

  • 機能性表示食品とは何ですか?

    機能性表示食品とは、事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品です。
    ※特定保健用食品(トクホ)、栄養機能食品とは異なります。新しい食品の機能性表示制度です。

  • 特定保健用食品(特保・トクホ)とは何ですか?

    特定保健用食品のことで、一般的に「トクホ」と呼ばれています。特定保健用食品は身体の生理学的機能等に影響を与える保健機能成分を含んでいて、特定の保健の目的が期待できることを表示できる食品で、個別に生理的機能や特定の保健機能を示す有効性や安全性等に関する科学的根拠に関する審査を受け、消費者庁長官の許可を受ける必要があります。

  • トクホと機能性表示食品との違いを教えてください

    トクホは安全性や有効性について国の審査を経て許可されるものです。
    機能性表示食品は、届出制で国の審査はなく、企業の責任で機能性を表示するものです。

  • この商品の特長は何ですか?

    難消化性デキストリンの働きにより、(1)脂肪の吸収を抑え、(2)糖の吸収をおだやかにしますので、脂肪の多い食事を摂りがちな成人の方や、食後の血糖値を気にされる成人の方にご満足いただける商品です。

  • 難消化性デキストリンとは何ですか?

    水溶性食物繊維の一種です。本商品で使用している難消化性デキストリンは、トウモロコシのでんぷんから作られています。

  • 1日の摂取量の目安が決められているのはなぜですか?

    機能性表示食品においては、安全性と有効性を考慮し、機能性関与成分(当該商品においては難消化性デキストリン)の1日の摂取量の目安を表示するよう、義務付けられています。

  • この商品はどのタイミングで飲むのがよいですか?食前?食中?食後?

    「脂肪の吸収を抑える」「糖の吸収をおだやかにする」という観点から食事中に飲むことをおすすめしております。

  • 糖が気になるので、毎食1本飲んでもよいですか?

    1日3本を4週間摂取した試験などで安全性は確認していますが、1日1本(500ml)を目安にお飲みください。 

  • 妊産婦・授乳婦・未成年が飲んでもよいですか?

    本商品は健常な成人を対象に開発されている商品であるため、妊産婦・授乳婦・未成年の場合は事前に医師の指導、相談を受けた上で摂取いただくことをおすすめしております。

【1日当たりの摂取目安量】 1日1回1本(500ml)

【摂取上の注意】 多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。飲みすぎ、あるいは体質・体調により、おなかがゆるくなることがあります。

【摂取の方法】 お食事の際にお飲みください。

●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

●本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。

●疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。

●体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。

機能性表示食品にかかわる情報開示・届出